強くなる「感動」を体験して欲しい
特殊能力付与。
それは非常に荒れやすい話題を持つもの。
昨今は「UH盛り」なるものが話題となり荒れているそうで。

これに関しては特に激しい主張をする気はありません。
しいて言うなら「あほくさ」と思わないでもないですが…
かつては「マナー盛り」した方がいいんじゃない?と主張していた事を考えると、
あまり偉そうに言えたものでは無いなぁと。
(最もソール+ステⅢ(+ブースト)ぐらいだったが
まあそれでも多少のマナーなる押しつけをしようとしてたという事で)

今は特に何とも思いません。
逆に未強化だと「うおおおお!」とかなるぐらい(歓迎する意味で)。
効率から離れた位置で楽しみながらやっているので長引く方が楽しいと感じられています。
最近だとルーサーとか特に顕著。
(2回で各腕壊れなかったり時計が割れなかったりすると楽しい
昔だと2回がデフォルトだったような気がしますし)
まあとりあえず個人的な教科基準についてはこの辺までにしておきましょう。

特殊能力付けの思い出としてはやはり能力付けに触れ始めたころでしょう。
当時はレンジャーをやっていましたが、
武器には「マイザーソール+シュートⅢ+スピリタⅢ」、
ユニットには「マイザーソール+シュートⅢ」を付けました。
少ないメセタと能力+30%を使って捻出したのは覚えています。
知識も少なく、付与率等は何回も見直しましたねー。

初めて付けた事によって自分にもできそうだ!という自信がついた気がします。
各クラスをまんべんなくやる様になってからは各能力が伸びる
ソールⅢⅢⅢ(orブースト)を製作、ここからHPの伸びに感動した覚えがあります。

ダメージ量が上がったり、敵の攻撃に耐えられるようになったり。
自分なりの「強さの変化」を体験する事で能力付けが楽しくなり、のめり込んでいきました。
今はなかなかそういう体験がしにくかったりするような気がします。
自分の中の体験より先に人からの評価or人との比較が入りやすい。
評価基準が過去の自分自身ではなく他人となるとどうしても委縮してしまいます。
これをシステムで是正しろ!というのは酷な話だなと考えるものの、
やたらとややこしくなっている事もまた事実…

個人的には手作り感があるユニットは好感が持てます。
色々調べて頑張ったんだな、というのが分かればすごく気分が良い。
社会だと結果が全てですが所詮ゲームですからね…

そんなこともあるのでチームメンバーが頑張って作った!という声を聞くのはとても好きです。
頑張りが身近で感じられる分そう感じるのでしょう。
意外とミテルゾ…(監視的な意味ではなく)

最初に書いたような強化の話題になると思い出されるのはこのような自分自身の思い出。
pso2で出来なくてもいいですが、「レベルアップする喜び」は他の人にも体験して欲しいなぁと感じています。

ブログランキング参加中です!
1364c50e157e400dafc2724acaf1e5f9br_c_2510_1
サポーターズリンクにも登録しました!
momo2

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名なしさん
    • 2020年07月19日 02:45
    • モチベ高い人とのOP談義は楽しいですね 人それぞれの趣向があったり、自分が見落としてる部分が見えたり...

      モモさんのカチユニットもとても素晴らしい 次回作も期待してますw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット